すぐ泣くは田舎に住んでいる

大阪府の田舎にもじょもじょと生息するすぐ泣く主婦のブログ

滝行に行ってきたけど質問は受け付けない【5】

住職の持論は続いた。

 

 

 

 

 

最近、子どものことについて相談に来る親がとても多い。

子どものマナーがなっていないのは全て、そう、全て親の責任だ。

立派なお父さん、お母さんにならなければならない。

立派な親になるには人間力を高めなければならない。

 

マナーがなっていない子ども、非行に走る子ども、全部、全部親の責任だ。

 

 

 

 

 

 

まあ、そんな話だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひととおり話は終わったが、時間配分を間違えたのか住職は

「この資料に関して質問は?」

とめちゃくちゃ聞いてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も何も言わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌な空気感の中、次は「読経」「坐禅」を行うということで場所を移動した。

 

移動中、私は旦那に「ソエ、ソエ!」と槍をつく動きを見せていた。

(旦那は乾いた愛想笑いをしていた)

 

 

なんとか楽しい空気にしたかった。

 

今回、みんなを滝行に誘ったのは私だ。

 

こんなクソ寒いのにみんな楽しみにして集まったんだ。

 

1万円の滝行料金払ったんだ。それをムダにさせたくないと思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さなお堂に場所を変え、1人1冊ずつお経の書かれた本を渡された。

 

座りながら渡された本をみんなで読む。

 

読経だ。

 

 

 

 

 

 

参加者を挟むように前方には肉食系ゴリ押し住職。

 

後方には「ドラばいん」住職が座っていた。

 

二人の住職が参加者と一緒に読経にしてくれるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラばいん住職の読経がエエ声というのは最初のお堂での読経で分かっていた。

 

問題は肉食系ゴリ押し住職だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば彼は、初登場の時いきなり「生臭坊主なんです」と自らを称していた。

 

私も伊達に29年生きていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなりそういうこと言っちゃうタイプは・・・だいたい、まあ、そういう人である確率が結構高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読経が始まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラばいん住職にゃあ〜〜」※抑揚もついてて、とっても上手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉食系ゴリ押し住職「ほにゃらら、あー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教科書読みたて小学生のような棒読み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え!?

何!?

普段練習してないの!?

初めて読んでるの!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉食系ゴリ押し住職は何度も何度もお経を飛ばしたり、読み間違えたりもしていた。

 

 

 

 

この人、参加者のことなめてんのか?

やることきっちりやれよ、これで金取ってんだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

続く不協和音。

 

参加者は吹き出し、こらえを繰り返していた。

 

厳かな読経の時間はリアル「笑ってはいけない」と化した。

 

 

 

 

 

ドラばいん住職は頑張っていた。

間違える肉食系ゴリ押しを正しい文章に導くかのように一生懸命読経していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読経が終わり、私は思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬーべーに出てたやつに取り憑かれてしまえばいいのに。 

 

f:id:sugunaku:20170205140511j:plain

 

 

 

 

 

滝行修行に一緒に参加してくださった「腐ったみかんさん」のブログはこちらからどうぞ〜

camelstation.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滝行に行ってきたけど質問は受け付けない【4】

すぐ泣くにはお坊さんの親戚がいる。

 

 

 

 

祖父の法事のときにはいつもその親戚住職がお経をあげて、お釈迦様にまつわるありがたい話をわかりやすく話してくれ、祖父が亡くなって悲しかったけれど、話を聞いてると不思議と心が軽くなった。

 

死をマイナスにだけにとらえることではないんだって気付かせてくれた。

 

 

そこの息子達は寺すぐ隣にある墓地でバリバリにサッカーとかしてて結構罰当たりなこともしてたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち滝行1日体験御一行4名は、滝行に挑む前の「座学」のために寺内にあるプレハブ小屋に移動をした。

 

これからありがたい話が始まるんだ。

 

 

座学に使用する資料は丁寧にファイリングされており、一人につき一冊渡された。

 

 

「では、今渡したファイルに名前を書いてください」

 

 

 

(なぜ名前を書くんだ・・・?

新学期入りたての学生か・・・?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「では座学を始めます」

 

 

 

 

住職無双の始まりであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座学の内容はこうだ。

 

 

 

 

 

人間に生まれたからには人間らしく生きなければならない。

人間らしさとは何か。

人間らしさ、これ即ち「めいっぱい働くこと」である。

めいっぱい働くとはどういうことか?

いかに他の人間よりも日々努力をし、結果を残すことである。

日常に慣れてしまってはならない。

毎日必ず、何か改善するところはないかと模索することがとても大事なんだ。

改善するところがあれば即座に実行し、よりよいものに変えていくことが大事なんだ。

そんなことができる人は100%のうち3%だけ。

100人いたら3人だけってことだ。

 

 

 

 

 

 

とまあ、こんな内容だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏教関係なくね?

 

 

 

 

 

 

 

 

変えていくことが大事と説くんだったら、あのDVDとか変えればいいのに

 

 

 

 

 

 

 

 

住職は「めいっぱい働くとは」の話になった途端、参加者に話を振ってきた。

 

「あなたは普段どれくらいの力で仕事をしていますか」

 

 

参加者の男性は答えた。

 

「60%くらいですかね」

 

 

ここで住職の表情がイキイキした。

 

この答えを待っていた!とばかりに持論を語り始めた。

内容は薄っぺらすぎて覚えていない

 

 

 

 

 

「あなたはどうですか」

 

続けて住職は腐ったみかんさんにも同じことを聞いた。

 

 

 

 

 

※「腐ったみかんさん」についてはこちらをご参照に

camelstation.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい、毎日100%で仕事をしています。」

 

 

 

私と旦那は俯いて笑いをこらえた。

 

(住職、どう答えるんだろう)

 

 

 

 

「へえ、それは素晴らしい。100人のうちの3人ですね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜会話終了〜

 

 

 

 

 

 

 

 

思ってた返答ではなかったのか、住職は腐ったみかんさんと話さなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして無双は続いた。

 

「最近は、女性の滝行参加者が多くてねえ。婚活中の女性が多いんですよ。最近の男性は頼りないとみなさんおっしゃいます。」

 

 

「男性は仕事をめいっぱいして家族を支え、頼り甲斐があり、活力、精力ともに満ち溢れていなければならない。」

 

 

「そう。男性は肉食系でなければならないんです」

 

 

 

 

 

「あなたも男性は肉食系がいいでしょう?」

 

 

住職は私に同意を求めてきた。

 

 

 

私が同意せずに黙っていると

 

 

 

「女性としては、肉食系の方が、ねえ?」

 

 

 

女の全てをを知った気でいるような住職の発言は続いた。

 

 

 

ちなみに気づいているのか気づいていないのかは分からないが、

 

 

 

 

 

 

住職は机の下に置いてある私のカバンを何度も踏んだり蹴ったりしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

心の中はこんな状態↓

f:id:sugunaku:20170205011205j:plain

 

 

 

 

 

 

でもそこまでタンカ切れないチキンなので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私は肉食系とかじゃなくて普通がいいです」

 

 

と答えた。

 

 

 

 

 

 

住職「え?肉食系じゃなくていいの?色んなことに満ち溢れたガツガツした男性がいいでしょ?」

 

 

 

 

 

すぐ泣く「はい、普通。ふっつ〜の人がいいです。何系とかじゃなくて。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住職「(しばし間を空けて)まあ、人それぞれですからね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えええええええええええ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心のシャッターが締め切られた瞬間だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滝行に行ってきたけど質問は受け付けない【3】

早朝。

私、旦那さん、腐ったみかんさん、A氏は寺にいた。

今日は滝行1日体験。

みんなワクワクしながら集まった。

早朝にも関わらずテンションもそこそこ高かった。

 

 

 

 

 

 

 

「さむーい!!」

 

「昼食ってどんなんだろうねー」

 

「寺なんだから、精進料理だろう!」

 

「精進料理食べたことない!たーのーしみー!キャッスキャッス!」

 

「精進料理ってどんなの!?」

 

「肉がないんだよ!ほら、胡麻豆腐とか高野豆腐とかそんなやつ!キャッス!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに前日、精進料理を知らない旦那さんには

「胤舜のおじいちゃんが食べてたようなやつ」

とざっくり説明をしておいた。

 

 

 

f:id:sugunaku:20170204153808j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寺に着いて即行「鐘をついてください」と寺の人に言われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんの説明もなく。

一人1回ずつゴーンと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:sugunaku:20170204154112j:plain

写真ではなんかいい感じ出てるけど、みんな無言だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これには一体なんの意味が・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も聞けない空気感がそこにはあった。

 

 

 

 

 

 

 

鐘つきが終わると小さいお堂みたいなところに行く。

ここでお経を読んでくれるのでみんなで拝む。

 

 

 

 

私とA氏の後ろには、かまいたちが中国人コントをするときに使うドラみたいな楽器があった。

 

そこにスチャッとスタンバイしているお坊さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はんにゃあ〜は〜らぁ〜・・・ばいーん〜ほんにゃららぁ〜ばいーん、ばん、ばん、ばいーん〜はにゃらら〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ばいん」鳴るたびに肩をびくつかせる私とA氏。

音がダイレクトに体に響く・・・内臓が震えるような感覚・・・

アブトロニックを全身に巻かれてるみたいだった。

 

 

f:id:sugunaku:20170204153752j:plain

 

そして、こういう身体に何かしら負担をかけるアトラクション的な物には絶対欠かせない書類・・・

 

そう、誓約書だ。

 

 

本堂みたいなところで「滝行して身体に何か起こっても自分の責任です」的な文章に署名をする。

 

なぜか自分の職業を書く欄まであった。

これ必要か・・・?

 

 

 

 

 

さらに家庭用テレビでDVDを見ることになった。

オリエンテーション的なものなので、これからどういう流れで滝行が行われるのかを見てください」

と寺の人に言われた。

 

 

 

 

おっ、これはしっかり見なきゃ!

 

 

 

 

と、体をしっかりテレビの方向に向けて視聴開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男の人二人がなんやかんやして滝行(内、一名は滝行することを知らされず参加させられたというくだり)を行い、ワーとかギャーとか言ってるテレビで放映された録画映像だった。

 

 

 

 

滝行のしっかりした順序も微妙にカットされるし、PV的な要素も全くない。

 

 

 

 

 

 

 

まるで「俺、テレビに出たんだ」とそんなに交流のない人に家に呼ばれ、その録画したDVDを見せつけられたような感じだ。

 

 

 

 

私たち4人、他に男性が4人いたが、みんな思っていただろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「思ってたのと違う。」

 

 

 

 

 

滝行に一緒に参加してくださった「腐ったみかんさん」のブログはこちらから〜。

信じられるか・・・?元上司だったんだぜ・・・?

camelstation.hatenablog.com

 

 

 

 

滝行に行ってきたけど質問は受け付けない【2】

滝行予約をしてからはや一週間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予約確認の連絡が一切来なかった。

「予約確認のためにこちらから再度連絡します」って言ってたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのでこちらから寺に電話してみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ泣く「あのう、予約確認の連絡が来ないんですが、ちゃんと予約はされてるんでしょうか」

 

 

寺の人「あー、そうなんですか。担当の者に確認してまた電話します」

そう言って寺の人は電話を切った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寺に予約連絡担当者がいるのか・・・

ウエブ担当?広報とか??

少し違和感を覚えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから3日経った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話が来ない。

 

 

 

 

 

 

また寺に電話してみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ泣く「あの、3日前に予約確認の連絡が来ないと言うことで電話させてもらいました。あれからも連絡がないんですが、ちゃんと予約はされてるんでしょうか?

 

 

寺の人「そうなんですか!予約確認のメールを送ったんですが届いていますか?」

 

 

 

すぐ泣く「いや、来てないですね」

 

寺の人「送ったんですが」

 

すぐ泣く「いや、来てないですね」

 

寺の人「あれー!?おっかしいなあ。こちらとしては送ったって表示されてるんですが」

 

すぐ泣く「いや、来てないですね」

 

寺の人「そうなんですか。まあ、予約はちゃんとできてるんでご安心ください。4名様でご予約、すぐ泣くさん、12月、1日体験ですね」

 

すぐ泣く「はい、よろしくお願いします」

 

寺の人「寒いですから、前日はしっかり睡眠をとって体調には気をつけてお越しくださいね」

 

すぐ泣く「はい、よろしくお願いいたします。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えらい適当だなあ。

でも仕方ない。

寺なんだから。

接客業じゃないんだから。

そのへんは仕方ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数分後、携帯に着信があった。

 

 

 

 

 

寺からだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ泣く「もしもし」

 

寺の人「⚪︎⚪︎寺です。予約確認が出来ていなかったと言うことで電話させてもらいました。4名様でご予約、すぐ泣くさん、12月、1日体験ですね」

 

すぐ泣く「(??さっきの人と同じ声だけど・・・?)はい。」

 

寺の人「予約はちゃんとできてるんでご安心ください。」

 

すぐ泣く「はい・・・」

 

寺の人「寒いですから、前日はしっかり睡眠をとって体調には気をつけてお越しくださいね」

 

すぐ泣く「はい・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、数分おきに同じ寺の人から全く同じ内容の電話が4回も来た。

 

 

 

 

 

滝行に行く前から不安しかなかった。

 

 

 

 

 

滝行に一緒に参加した「腐ったみかんさん」のブログはこちらから〜。

信じられるか・・・?元上司だったんだぜ・・・?

camelstation.hatenablog.com

滝行に行ってきたけど質問は受け付けない【1】

どうもこんにちわ!

あなたの暇つぶしのお供、「すぐ泣く」です。

 

 

 

 

 

「よく芸人さんなんかが滝行に行ってギャー、とかウワーって言ってるけど、あれって本当にしんどいのかな?」

 

 

 

 

そう思った数年前。

私はずっと待ちわびていた。

一緒に滝行に行ってくれる仲間が出来ることを。

 

 

 

 

 

そこで現れたのが元上司「腐ったみかん」さん。

元職場の後輩「A」氏。

そして普段から苦楽をともにするすぐ泣くの旦那。

 

 

 

 

滝行に行きましょうと誘って、みんな「いいよ」と言ってくれた。

 

 

 

 

 

 

さあ!

みんなで滝行に行って邪念を流し、来年を素晴らしい年にしようではないか!!

 

決しておもしろ体験がしたいわけではない!!

 

 

 

 

 

 

 

もちろんやるなら冬だ!

夏に滝行したって(多分)マジもんの経験はできない!

寒い時にこそやるもんだろう!

 

 

 

 

 

そう思い、私は寺に滝行申し込みをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

腐ったみかんさんブログです。

信じられるか・・・?この人が上司だったんだぜ・・・?

camelstation.hatenablog.com

英語は話せるにこしたことはないという話

わんばんこ!

あなたの暇つぶしのお供、アラサー主婦「すぐ泣く」です!

 

 

 

 

 

なんか前回の記事のアクセス数がめちゃくちゃ上がっててびっくり仰天しています。

一体なんの前触れなんだろう!

 

 

 

結婚記念日の話からのド下ネタだったのに…

 

 

 

 

 

 

そうそう、結婚記念日といえば

すぐ泣く夫婦は結婚式を挙げていませんでして、

 

 

入籍から1年後に二人でダラ〜っとグアムに行き、ボヤーっとしながらウエディングフォトを撮りました。

 

 

 

 

すぐ泣くは高校の修学旅行でオーストラリアに行ったことがあったのですが、旦那さんは海外に行ったことがなく、海外経験者な私はすごく上級者ぶったものの言い方をしていました。

 

 

 

なんなら、

「私、日常会話くらいの英語はなんとなく喋れるよ」

と大見栄張っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とんだ大嘘つきです。

 

 

 

 

 

 

今日はそんな大ホラ吹き嫁が恥ずかしい目に遭った新婚旅行のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初海外に浮足立っていた私たち夫婦は、ショッピングをしたり、現地の食べ物を堪能したりと楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

逆バンジーができるところがあると「るるぶ」に載っていたので、絶叫マシン大好きな私たちは意気揚々と向かいました。

 

 

https://www.facebook.com/GuamSlingshot/

facebookやってるみたいですね。

正式名称「スリングショット」だそう。

これ見たらどんなものなのか一発で分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ要は、パチンコのヒトバージョンです。

 

ヒトがパチンコの玉のごとく大空へピョーンです。

 

 

 

 

 

 

 

受付カウンターには最初誰もおらず、鳥籠にインコが一羽いるだけでした。

人の気配がない。

 

 

 

 

 

海外ハイだった私はここは出番とばかりに

「エクスキューズミイ」

と連呼しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、受付カウンター奥のバックヤードからパンクロックが好きそうな男性が出てきたのです。

Tシャツにハーフパンツ、完全にアンタ中で居眠りしてたでしょスタイルでした。

 

 

 

 

 

 

パンク「ハーイ。・・・ヤル?」

 

 

私「やる」

 

 

パンク「オーケー。チョット待ツ」

 

 

私「はい」

 

 

 

 

 

 

 

のそのそと逆バンジーのスタンバイを始めるパンク。

 

 

このスリングショットでは、大空に飛び立つ前・飛んでる最中にデジカメで撮影をしてくれるのだ。

 

 

 

そのデジカメの電源を入れたりしていたがどうも上手くいかないらしく、あーでもないこーでもないとやっていた。

 

 

 

 

日本の絶叫マシンスタッフはもっと機敏にマシンの安全確認をしているんだけど、そんなユルユルで大丈夫か?

 

 

 

 

 

 

 

チラッと見ると旦那はすごく不安そうな顔をしていた。

 

 

 

 

 

 

飛び立つ前にサインをした。

 

これ、なんか事故あっても訴えたりしません、承諾してますってやつです。

 

サイン帳には日本人の名前ばかりあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

サイン後、パンクがまだノソノソしていたので私はカウンターにいたインコを見ていた。

 

黄緑色のかわいいインコだった。

 

旦那さんは少し離れたところをウロウロしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準備を終えたパンクが私の近くに来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外ハイになっていた私はパンクに言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「キュートバード」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンクはニヤニヤしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は続けた。

「ワッツ ネイム ディス バード」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンク「Sex」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:sugunaku:20161201001715j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンク「sex」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンク「Do you like sex?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「……ソーソー…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《結論》

みんな下ネタ好き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴミはゴミ箱に捨てましょう、小さいころに言われたでしょう?

 

わーい!!

超絶 お久しぶりです!!

あなたの暇つぶしのお供、アラサー主婦「すぐ泣く」です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

私事ではありますが

 

 

先日11月22日、すぐ泣く夫婦は3年目の結婚記念日を迎えました。

結婚3年目って、世間ではもう「新婚さん」なんて言わないんでしょうね。

「新婚さんいらっしゃい」も結婚2年目までしか出場できないですもんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち夫婦は4年付き合ってから結婚しました。(内、1年間同棲)

つまり、旦那さんとは出会って7年目なわけです。

7年あれば相手のいろんなことが分かっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

無言でゲームを黙々としている時は

「ああ、仕事ですごいストレスが溜まっているんだなあ」

 

 

「おいしい」と口に出していなくてもバクバクとご飯を食べている時は

「ああ、この味付けはよかったんだなあ」

 

 

 

 

 

 

 

 

(こうやって、なにも言わなくても相手のことが分かってしまうが為に夫婦間の会話っていうのは少なくなっていくんだろうか)

私はそんな悲しい未来を想像しては一人もの悲しい気持ちになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日曜日の朝、私は一人ホットケーキを焼いていた。

旦那さんはまだ布団でグースカ寝ているし朝ごはんを食べない人なので、一人で焼いて一人で食べていた。

 

 

 

ホットプレートに生地を流し込み、プツプツと表面に泡が立ってきたのを確認できたらひっくり返す…まさに「返し」の工程に差し掛かった時だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブエッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はくしゃみをした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻水がツツーと垂れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(早くしないとホットケーキが焦げてしまう)

あああ、急いでお鼻チーンしないと!!

ティッシュ

ティッシュ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティッシュ箱からっぽだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ああん、どうしよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は無造作に机の上で丸まっているティッシュを発見した。

(ははあ、旦那さんが鼻かんでそのままにしてたんだなあ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は深く考えず丸まったティッシュに手を伸ばし、鼻をかんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイターのにおいがする

 

 

 

 

 

 

キッチンブリーチ 1500ml

キッチンブリーチ 1500ml

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハタと考えた。

 

 

 

(コップの茶渋を旦那さんが漂白しているのを見たことない)

(風呂掃除も塩素系は使っていない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・あっ(察し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《結論》

7年くらいで人の全てを分かった気になるな