読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぐ泣くは田舎に住んでいる

大阪府の田舎にもじょもじょと生息するすぐ泣く主婦のブログ

滝行に行ってきたけど質問は受け付けない【5】

住職の持論は続いた。

 

 

 

 

 

最近、子どものことについて相談に来る親がとても多い。

子どものマナーがなっていないのは全て、そう、全て親の責任だ。

立派なお父さん、お母さんにならなければならない。

立派な親になるには人間力を高めなければならない。

 

マナーがなっていない子ども、非行に走る子ども、全部、全部親の責任だ。

 

 

 

 

 

 

まあ、そんな話だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひととおり話は終わったが、時間配分を間違えたのか住職は

「この資料に関して質問は?」

とめちゃくちゃ聞いてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も何も言わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌な空気感の中、次は「読経」「坐禅」を行うということで場所を移動した。

 

移動中、私は旦那に「ソエ、ソエ!」と槍をつく動きを見せていた。

(旦那は乾いた愛想笑いをしていた)

 

 

なんとか楽しい空気にしたかった。

 

今回、みんなを滝行に誘ったのは私だ。

 

こんなクソ寒いのにみんな楽しみにして集まったんだ。

 

1万円の滝行料金払ったんだ。それをムダにさせたくないと思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さなお堂に場所を変え、1人1冊ずつお経の書かれた本を渡された。

 

座りながら渡された本をみんなで読む。

 

読経だ。

 

 

 

 

 

 

参加者を挟むように前方には肉食系ゴリ押し住職。

 

後方には「ドラばいん」住職が座っていた。

 

二人の住職が参加者と一緒に読経にしてくれるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラばいん住職の読経がエエ声というのは最初のお堂での読経で分かっていた。

 

問題は肉食系ゴリ押し住職だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば彼は、初登場の時いきなり「生臭坊主なんです」と自らを称していた。

 

私も伊達に29年生きていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなりそういうこと言っちゃうタイプは・・・だいたい、まあ、そういう人である確率が結構高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読経が始まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラばいん住職にゃあ〜〜」※抑揚もついてて、とっても上手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉食系ゴリ押し住職「ほにゃらら、あー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教科書読みたて小学生のような棒読み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え!?

何!?

普段練習してないの!?

初めて読んでるの!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉食系ゴリ押し住職は何度も何度もお経を飛ばしたり、読み間違えたりもしていた。

 

 

 

 

この人、参加者のことなめてんのか?

やることきっちりやれよ、これで金取ってんだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

続く不協和音。

 

参加者は吹き出し、こらえを繰り返していた。

 

厳かな読経の時間はリアル「笑ってはいけない」と化した。

 

 

 

 

 

ドラばいん住職は頑張っていた。

間違える肉食系ゴリ押しを正しい文章に導くかのように一生懸命読経していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読経が終わり、私は思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬーべーに出てたやつに取り憑かれてしまえばいいのに。 

 

f:id:sugunaku:20170205140511j:plain

 

 

 

 

 

滝行修行に一緒に参加してくださった「腐ったみかんさん」のブログはこちらからどうぞ〜

camelstation.hatenablog.com