読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぐ泣くは田舎に住んでいる

大阪府の田舎にもじょもじょと生息するすぐ泣く主婦のブログ

《世の中の旦那様に送る》パートで頑張る奥さんを応援しよう

どうも。

パート新入り、すぐ泣くです。

 

やっとこさっとこ決まったパートを頑張っています。

 

 

 

どこの世界でも、新入りは大変です。

忙しい先輩方に仕事を教えてもらうときの申し訳なさや、自分が動けないばっかりにスムーズに事が進まないもどかしさ・・・。

 

 

 

優しい先輩もいるけれど、あからさまに「自分の仕事したいから教えんのめんどくせえから私に聞きに来んなカス野郎」オーラプンプンの先輩もいらっしゃいますからね。

 

 

ウザいやつ認定されようとも、後者の先輩にあえてめちゃくちゃ仕事聞きに行きます。

 

 

 

 

そういう人ほど仕事に対してプライドが神谷曜子のごとく高いですから、「一番仕事の出来るあなたに是非教えて頂きたいのです、どうぞこの若輩者にひとつお教えくださいませ」の姿勢でいくと結構まんざらでもないタイプが多いのです。

 

 

※今までそういったタイプに目をつけられることが多かった人生だったので、処世術を学んだ

 

f:id:sugunaku:20151116000601j:plain

 

 

そんな神谷曜子に

「そんなことも知らないの?」

と鼻で笑われながらも日々耐え忍んでおります。

 

心の中では「レナニヌイ」言うてます。

 

 

 

 

早く仕事を覚えて、何も文句言われないようにしたい。

私の今のハングリー精神は半端ない。

 

 

 

先日、店長からパンフレットを二つ折りにしておいてと言われ黙々と折っていたのですが、しばらくして店長がやって来て、そばにあった汚い二つ折りパンフを手に取り

f:id:sugunaku:20151116000847j:plain

 

 

 

と、ブチ切れた。

ちなみにそのパンフは私が折ったものではない。

 

私のは端っこも揃え、綺麗に仕上げていた。

しかし、店長はブチ切れている。

「私じゃあないですよ」と言おうものなら「じゃあ誰!?」と噛みつかれそうな勢いだ。f:id:sugunaku:20151116001143j:plain

「私じゃあないですよ」な顔でやり過ごした。

 

 

そんなこんなでいろんなことに出会いながら頑張っています。

 

 

 

 

ときめきトゥナイト 文庫 全16巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)